コンサルティング

市場で認知されている「ブランド」数は、市場全体の10%以下と言われています。
従来のアパレルブランドは、この10%を目指し雑誌媒体、CM、ファッションショーや衣装提供などの広告宣伝に時間とお金を費やしてきました。しかし現在は、SNSで一般人が自らのセンスでコーディネートをUPしフォロワー数によっては絶大な影響力を有し、既に既存の雑誌媒体を凌駕しています。
また、良い素材を使いシッカリとしたパターンを組んだ商品が売れる時代も過去のものになりつつあります。では、このままファストファッションや、大手セレクトなどの商品をZOZO TOWN が販売する状況が全てになるのか?といえば、そうではないと思っています。

ファッションECサイトもここ数年で頭打ちの兆しもあり、リユース市場もファッション関連以外の商品が増えつつあります。エンドユーザーの情報に過敏に反応し過ぎた結果、似た商品が市場に多く出回り過ぎて、在庫過多を生んでいる状況なのです。

ヴィジットは、従来のファッション感度の高いサイバーやイノベーターだけをターゲットにせず、ミドルマス、アッパーマスのファッション回帰を促すために、世代毎、テイスト毎のインフルエンサーをみつけ、SNSを最大限に利用し市場認知を進めていきます。
また、高額な手数料が掛かるECサイトなどを使わず、自社サイトの効率的な運用見直しや、生産背景の見直しで、得意なアイテムを自社生産し、苦手なアイテムはOEMを利用し、企画全体のボトムアップを図ります。気になるOEMロットも、シェアリングエコノミーを利用し小ロット対応可能なパートナーを探します。

時代に寄り添ったファッションの本来あるべき姿を取り戻すことが、ファッションコンサルティングの使命です。

お気軽にお問い合わせ下さい

Contact Us
facebooktwitter